ちいさな会社のブランド支援!商標専門★知財事務所

03-5823-4906

読書

マーケティング4.0!

持続可能なブランドコミュニケーションをつくる
「サムライツ™」の弁理士、保屋野です。

「コトラー マーケティングの未来と日本 時代に先回りする戦略をどう創るか」http://amzn.to/2qL5fWf

近代マーケティングの父とか、神様とも言われている、コトラー教授の最新刊!日本だけで発売された、なんとも日本びいきで贅沢な一冊です。

近年のコトラー教授は、資本主義のあり方そのものについて、巨視的な観点から様々な提言をされてますね。
本著では資本主義についてはもちろん、平和についても言及。
マーケティングのことしか考えていないマーケティングは、必ず失敗する」は至極の名言ですね。
コトラーさんの愛にあふれてます。

私は特に、第3章「マーケティング4.0とは何か」と、
第7章「日本だけがもつ価値を自覚せよ」の部分は読んでいただきたいと思いました。

その「マーケティング4.0」について。

マーケティング1.0の時代は「製品の販売」がその目的でした。
マーケティング2.0は「消費者を満足させ、つなぎとめること」、
そしてマーケティング3.0は価値主導のマーケティングと言われ、
世界をよりよい場所にすること」を目的としている、とされています。

このようにマーケティングは進化しているわけですが、
マーケティング4.0の特徴の一つは、「デジタル革命」に焦点をあてていることです。
企業と消費者の間の、オンラインとオフラインの相互作用、
IoTによる機械と人のネットワークの組み合わせ、
等により、マーケティング3.0と4.0が、並走しながら新時代のマーケティングを創り出しているのです。

例えば、昔は企業が圧倒的に情報を持っていたけど、
今は消費者自身が、たくさんの情報を簡単に手に入れられますよね。
また、企業側も個々の顧客の詳細な情報を、手に入れられるようになりました。
こうなると、製品の購入プロセスにも影響を与えます。
顧客が情報を手に入れるために、検索エンジンやSNSは重要なものだし、
ECサイトで購入しやすくすることも重要です。
さらに、顧客自らがSNS等で口コミすることも、頭に入れておかなければなりません。

顧客との接点が多様になった今、
それをいかに管理するかという「オムニチャネル管理」を行って、
顧客との絆、愛着、結びつき(顧客エンゲージメント)を
積極的に構築していくのです。

ページ数はさほど多くないですが、読み応えのある1冊ですので、
時代に先回り、新しい価値を創造するために、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか?
http://amzn.to/2qL5fWf

03-5823-4906

TOP